• 着物買取りで査定が低い物って?


    出番の無くなった着物を処分したい時には買取が役立ってくれますが、どういった着物ですと査定価格が低くなってしまうのか気になるものです。
    安値にしかならない事が多い着物としては、まず状態が悪い物が挙げられます。
    長期保管している物だったり、管理方法が悪い場合ですと、シミや虫食いがあったりしますので、そういった物ですと価値が低くなってしまったり、時には買取対象外になるケースもあります。
    その為、所有している着物がある際には将来的に売却する事も考え、綺麗に保管しておくようにした方が良いと言えます。
    他にもサイズが小さい着物も安値になってしまったり、売れない事もあります。
    サイズが小さい場合ですと、サイズのお直しをする事ができませんので、どうしても買い手が付き難くなります。
    そういった物ですと価値が低かったり売れなくなる事もあるのです。
    元々の価値が低い物も高値で売れ難い存在となっています。
    近年は低価格で購入できる着物も数多くありますが、そういった物は新品でも価格が安いという事もあり、売れないケースが殆どです。
    他にも安値になってしまう要因としては付属品の欠如が挙げられます。
    特に不足していると大きなマイナスになってしまうのが証紙です。
    証紙は産地を証明する為の重要な判断材料になりますので、無いよりもあった方が高値になる事が殆どです。
    不足していると価値のある物でも安値になってしまう事がありますので注意しなければいけません。